スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

戸塚少年サッカークラブとは・・・

子供達の意見を尊重し取り入れる子供達の為のサッカークラブです!

私もここでサッカーを学びました。このような方針だったと知ったのは
最近の事ですが・・・


基本方針
  
戸塚少年サッカークラブ規約

第1章 名称
 第1条 本会は、戸塚小年サッカークラブと称し、事務所を事務局長宅におく。
第2章 目的
 第2条 本会は、少年サッカーの普及発展と青少年の健全な心身の育成を目的とするとともに加入者相互の親睦をはかる。
第3章 組織
 第3条 本会は、登録された戸塚区、栄区、泉区の会員によって組織し、各地区ごとにチームを編成する。
第4章 事業
 第4条 本会は、第2条の目的を達成するために、次の事業を行なう。
    1 少年サッカー大会
    2 少年サッカーの指導普及ならびに啓蒙に関すること。
    3 その他、本部の目的達成に必要な事業。
第5章 役員
 第5条 本会は、下記の役員及び理事を置き、賛助会員、指導者、顧問の中から選出する。
    1 会長         1名
    2 副会長(事務局長兼任)1名
    3 常任理事(総務・会計)4名
    4 事務局長       1名
    5 会計監査       2名
 第6条 本会の役員は次の職務を行なう。
    1 会長は、本会を代表し会務を統括する。
    2 副会長は、会長を補佐し会長事故あるときはその職務を代行する。
    3 常任理事(総務)は、本会の活動の記録、保管をするとともに事業推進などの庶務を行なう。常任理事(会計)は、本会の財務全般を党理する。
    4 事務局長は、本会活動の通信連絡等の事務を行なう。
    5 会計監査は、本会の会計を監査する。
 第7条 本会の役員の選出は次の通りとする。
    1 役員の選出は、賛助会員、指導者及び顧問の中より推薦された者を総会で承認された者とする。
 第8条 本会役員の任期は2年する。ただし、再任を妨げない。
 第9条 役員に欠員が生じた場合は補充し、その任期は前任者の残存期間とする。ただし、選出は役員会で行なう。
第6章 会議
 第10条 本会の会議は総会及び役員会とする。
 第11条 総会は、本会の最高議決機関とし、次の通りとする。
    1 総会は、本会役員と加入者の地区代表者によって構成される。
    2 総会は、出席者の過半数の決議によって構成する。
    3 総会は、会長が招集する。
 第12条 役員会は、本会の運営が円滑に進められるようその必要が生じた時協議し執行する。
    1 会長は、必要に応じて役員を招集し、役員会を開催することができる。
第7章 会計
 第13条 本会の経費は、加入者の年会費、その他の収入をもってこれにあたる。
 第14条 加入者は、本会で定められた会費を毎年度ごとに登録と同時に納入する。
 第15条 本会の会計年度は、毎年4月1日より翌年3月31日までとする。
 第16条 本会の予算案は、総会の承認を得なければならない。
 第17条 決算報告書は、会計担当者が責任をもって作成し、会計監査の監査のもとに、会長の承認印を受理し、総会において会員の承認を得なければならない。
第8章 加入・脱会
 第18条 本会に加入する者は、本会の主旨を尊重し、次の条件を満たした地区団体とする。
    1 所定の登録申請書を提出し、役員会を承認を得る。
    2 次の申請事項を満たしていること。
     イ 地区団体の名称(戸塚少年サッカークラブ○○)
     ロ 団体代表者の氏名、年齢、住所
     ハ 指導者の氏名、年齢、住所
     ニ 登録会員の氏名、年齢、学年,住所、保護者名、印
     ホ 主たる年間活動計画(地区独自)
     ヘ 予算額とその出所
     ト 主たる活動場所
     チ スポーツ障害保険・ボランティア保険に加入していること
     リ 健康観察を充分行なっていること
    3 本会の定めた誓約書を提出できること。
    4 会員は、保護者の念書をとって構成されていること。
    5 申請事項に途中変更が生じた場合は直ちに本会に連絡すること。
 第19条 本会の地区団体は、毎年会計年度に準じて3月20日までに更新し、新会員名簿を提出する。
 第20条 本会の加入団体(地区)で次の場合はその資格を失う。
    1 登録有効期間(3月20日)を過ぎても更新手続きを取らなかった時。
    2 本会の目的に反する行動を取り、著しく本会の名誉を毀損した時。
    3 指導者、保護者、児童との関係で大量の退会者が出た場合。
    4 加入団体から脱会の申請があった時。
    5 上記については役員会で受理し、決議する。
第9章 規約改正
 第21条 本会会則は、役員会の決定により発議し、総会において出席者の過半数の承認を得て成立する。
第10章 附則
 第22条 本規約は、昭和51年7月17日より発効する。
 第23条 本規約は、昭和55年3月31日に一部改正し、発効する。
 第24条 戸塚少年サッカークラブの対象者は、小学生とする。
 第25条 本会主催の競技大会、交歓会、講習会、合宿等で事故が起きた場合、当会では責任は取らないが、可能な応急処置は行なう。
 第26条 本会は、各地区団体の独自の親善試合等については、これを妨げない。
 第27条 本会の会員の保護者は、当クラブの賛助会に加盟する。
 第28条 戸塚少年サッカークラブのチーム編成は原則として学校単位とする。ただし、会員の人数により数校で編成してもよい。
 第29条 指導者として登録した者は、すべて本部の指導者とする。
 第30条 指導者は、少年少女の指導者に相応しい行動をし、過酷な練習を避け、児童の要望などを積極的に聞き入れ、楽しく練習などを行なうことを常に心掛けなければならない。また、指導の行き違いや言葉の暴力で退会者を出してはならない。これに反した場合、指導者としての資格を失い当会を退会しなければならない。
 第31条 各地区の技術を向上させるため特別チームを編成し、これを還元する。編成については指導部がこれにあたる。
    1 特別チームの経費は、受益者負担とする。
    2 指導者は希望を募りこれにあたる。
    3 指導者は、夏季合宿を成功するよう極力協力する。
第11章 内規
    1 本会は1年で解散し年度ごとに新たに編成をする。
    2 当会と他団体(クラブ)との二重登録は認めない。個人が地区団体のほかに他クラブに加入する場合は、退会しなければならない。(二重登録は認めない。)
    3 退会した団体は再加入は認めない。
    4 チーム編成は、最低限8名とする。
    5 女子は1学年下の出場を認める。人数により他地区と合同でチーム編成をしてもよい。


ちなみに当時まだ栄区、泉区は存在しませんでしたのでかなり多くの小学校が
参加していました。今は少子化が影響してチームもだいぶ減ってしまいましたが
サッカー小僧達がいる限り是非継続していってほしいと思います。

スポンサーサイト
[ 2011/02/16 00:34 ] サッカー | TB(0) | CM(0)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。